Loading...
アクセス

膝のアナトミー②

膝の部位(外面・内面)

腸脛靭帯

骨盤のから太ももの外側を通り、脛骨の外側に付着している靭帯膝関節の屈曲(曲げ)・伸展(伸ばし)と安定化をさせる。

膝蓋靭帯(膝蓋腱)

膝の正面部で膝蓋骨と脛骨をつなげている靭帯。大腿四頭筋と連動して膝の屈曲・伸展を担う。

大腿四頭筋

大腿直筋、中間広筋、外側抗筋、内側抗筋の4つからなる筋肉。太ももの正面にあり、主に膝関節の伸展を担う。

鵞足

太ももの内側の縫工筋、薄筋、半腱様筋の3つの筋肉の腱が脛骨に付着している部分のこと。鵞鳥の足のような形状からこのように呼ばれる。上記の3つの筋肉と合わせて膝関節を屈曲・内旋を行う。

主な膝の外傷について②

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

原因

膝の曲げ伸ばしの際に、腸脛靭帯と大腿骨の外踝が接触し、その過度な繰り返しにより炎症が起きる。

場面

長時間のランニングによる過度な膝の曲げ伸ばし
バスケやバレーなどのジャンプの繰り返し
など

症状

膝の外側(大腿骨外踝付近)の痛み
太ももの張り

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)

原因

膝関節の過度な曲げ伸ばしや、大腿四頭筋の柔軟性の低下などにより、膝蓋靭帯が過度に引っ張られることで起きる。

場面

バスケやバレーなどによる過度のジャンプ動作
サッカーなどのキック動作や急激なストップ動作
膝の曲げ伸ばしをともなうオーバートレーニング
など

症状

膝蓋骨下部の痛み

鵞足炎

原因

膝の曲げ伸ばしの過多により、鵞足が脛骨の上端や内側側副靭帯と擦れることで炎症が起きる。

場面

長時間のランニングによる過度な膝の曲げ伸ばし
サッカーでのキック動作
など

症状

膝の内側の痛み

こちらもおすすめ

ページトップへ