Loading...
アクセス

腰痛・背中の痛みの原因とは?診断で特定できない場合の対応

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

ほとんどの人が知っている「腰痛」ですが、その原因は様々です。腰椎椎間板ヘルニアや運動による背中の怪我、または無理をして重い荷物を持ち上げたときの怪我など、診断で明確になる場合もあります。
しかし、ほとんどの場合、腰痛の原因は簡単に特定することができません。専門家はこの状態を「非特異的腰痛」と呼んでいます。

非特異的腰痛」とは・・・わかりやすく言うと、神経症状(神経痛、しびれ、感覚異常、麻痺など)の症状や、馬尾症状(尿閉や尿・便失禁、性機能障害、お尻周りのしびれや火照り)などの症状のない腰痛のことです。 腰痛は生涯で成人の約80%の人が経験するといわれています。

背部痛 理学療法診療ガイドラインより

診断のつかない腰痛とは

非特異的な腰痛の場合、身体構造に明らかな状態や傷はありません。これは医師が確定的な診断を下すことができないことを意味し、「何が起こっているのだろう」と疑問に思うかもしれません。

腰痛患者の80%以上がこの非特異的な痛みに悩まされているのですから、これは決してあなただけの問題ではありません。腰痛は、最も一般的な疾患の1つと言われるほど広く知られています。

時には、その痛みが激しすぎて一時的に働けなくなることもあります。ドイツの健康保険会社Techniker Krankenkasseが発表したレポートによると、病欠の約10人に1人が背骨や腰の症状に起因しているとのことです。そのため、自分の問題に対処し、背中を再び健康にする方法を見つけることがより重要なのです。

腰痛はあるけど原因がわからない?その場合は医師に徹底的な検査を依頼してください。医師はあなたの問題が非特異的な痛みなのか、それとも背中の構造が損傷しているのかを教えてくれます。

腰痛が頻繁に繰り返される場合

腰痛が急性期に衰弱していても通常は自然に治まるようです。最初は安心かもしれませんが、この状態が間違った安心感に陥ることもあります。
非特異的腰痛の大半は、合間合間で起こります。つまり、最初は痛みが完全に消えても、数カ月後に再発するのです。実際84%の患者が、12ヶ月以内に痛みが再発しているようです。

腰痛が再発するまでの間隔はどんどん短くなり、痛みのある期間はどんどん長くなります。3ヶ月を超えると慢性腰痛と呼ばれるようになります。

腰痛は、長期間完全に治まっても再発することがよくあります。痛みを感じていない時期であっても一貫した治療を行うことで、長期的な視点で健康を取り戻すことができます。

Hans-Raimund Casser 教授:Medical Director at DRK Pain Center in Mainz, Germany

しかし、これに落ち込まないでください。自分自身と腰を助けるためには、どのようなことが腰痛の原因になっているのかを理解することが大切です。
次のステップでは、関連する対策について医師と相談し、行動を起こすことができます。

一つの痛み、多くの原因

腰痛は基本的に誰でもなる可能性があります。

しかし、特定の職業、特に建設・金属作業員、倉庫作業員、美容師、ゲストリレーションマネージャーなど、身体に大きな負担がかかる職業はリスクが高くなります。重い荷物を持ったり、無理な姿勢をとったりすると、すぐに緊張や過度の負担、間違った姿勢になることがあります。

また、趣味を追求することも腰痛を引き起こす可能性があります。たとえば、モータースポーツや乗馬は背中に大きな負担をかけます。他にも、ガーデニングや DIY で注意を怠ると背中を痛めることもあります。

痛みを引き起こすのは、深刻な負担や一方的な負担だけではありません。背中の筋肉が弱いと、体をまっすぐに保つことができません。特に仕事で座りっぱなし、立ちっぱなしの人は、日常生活でも悪い姿勢になり、それが緊張や痛みの原因になっています。

腰痛 – それは身体だけの問題ではありません

腰痛について医師に相談すると、必ずと言っていいほど現在の生活状況について聞かれるでしょう。日常生活に満足してリラックスしているか、ストレスを感じることが多いか、心配なことがあるかなども、身体の健康に影響を与えることがあるからです。

腰痛の原因が、少なくとも部分的にストレスやバランスの崩れにあることはよく知られています。つまり、自分の生活習慣を見直すだけでなく、自分の心の声に耳を傾け、何か悩みがないか、プライベートや仕事上の問題で余計な負担がかかっていないかなどを確認することも大事なのです。

腰痛の悩みに積極的に立ち向かう

腰痛の原因は様々です。なので、その対応策も様々であるべきです。急性で重度の腰痛の場合、痛み止めは有効ですが長期的な解決策にはなりません。
長期的な痛みとうまく向き合っていくためには、日常生活の中で様々な対応策を組み合わせて取り入れるのが理想的です。これには活動の促進、緊張の緩和、筋肉の強化、ストレスの軽減、リラックスの確保、精神的抵抗力の強化などが含まれます。

サポートの提供、活動の促進

痛みの程度や部位、どのような活動で最も制約を受けるかによって、医療用具を装着することが有効な場合があります。サポーターや装具は背中を安定させ、健康的な姿勢を促進し、活動的な生活をサポートします。腰のサポーターと装具の特徴、仕組み、そしてあなたの問題を軽減する方法について、ここで確認してください。

BAUERFEIND腰用サポータを見る

バックサポーター・装具を使用している人の約84%が、医療用製品のおかげで痛みが軽減しています*。

* Allensbach Institute for Public Opinion Researchが実施した代表的な調査結果です

こちらもおすすめ

ページトップへ