Loading...
アクセス

十字靭帯断裂の原因と治療法 – ひざの痛みにサポーターでケア

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

動作中のわずかな急な方向転換でも十字靭帯断裂(じゅうじじんたいだんれつ)につながる可能性があります。また、多くの人が思っている以上に早く起きているのです。例えば、バスケットボールやハンドボールのプレー中に、素早く回避行動をして方向を変えなければならない時などが典型的な危険な状況と言えるでしょう。通常、十字靭帯断裂はスポーツの場で起こりますが、日常の活動中にも十字靭帯の断裂は起こりえるのです。

症状としては、膝関節の腫れ、痛み、機能的な不安定さなどがあります。治療法は、2本の十字靭帯のうちどちらを損傷しているか、また膝に他の損傷があるかどうかによって異なります。多くの場合、十字靭帯断裂は、理学療法、サポーターや装具、ターゲットを絞った筋肉の調子を整える運動、鎮痛剤などで治療できます。しかし、手術も珍しいことではありません。

十字靭帯断裂の原因とは?

それぞれの膝関節には、前十字靭帯と後十字靭帯という2つの十字靭帯があります。これらの靭帯は、太ももの骨と下腿の骨(脛骨)をつないでいます。

十字靭帯断裂は、膝にあるこれらの靭帯のうち1つが部分的または完全に断裂したときに起こります。もちろん、転倒や事故により、両方の靭帯が断裂する可能性がありますが、十字靭帯断裂の原因としては、交通事故とスポーツ外傷が最も多いようです。

例えば、前十字靭帯がよく切れるのは、動いている人が膝を曲げ、脚を少し倒した状態で急に止まらなければならず、同時に外側に回転している状態(外反ストレス)である場合です。このタイプの傷害は、スキーやサッカーなどの球技で、動きの方向を急激に変える必要がある場合によく起こります。

後十字靭帯断裂は、前十字靭帯断裂よりもはるかに一般的ではありません。

一方、後十字靭帯は、外力の結果として断裂する傾向があります。
たとえば、事故で曲がった膝が物体に衝突したり、車内の何か (ダッシュボードなど) にぶつかったりした場合です。 結果として生じる動きにより、後十字靭帯が過度に伸ばされ、裂傷につながる可能性があります。このような状況では、通常、他の膝関節構造も同様に損傷を受けます。 後十字靭帯断裂は、前十字靭帯断裂よりもはるかに頻度が少ないです。

十字靭帯断裂が疑われる場合の対処法は?

十字靭帯を断裂した場合の応急処置としては、足を上げたり、圧迫包帯を巻いたり、患部を冷やしたりします。

十字靭帯の断裂は、上記のような症状があるにもかかわらず、すぐには気づかないことが多いのです。しかし、遅くとも膝関節が壊れ始めると、ふらふらとした不安定な歩行が明らかになります。

患者の中には「coper」と呼ばれる十字靭帯が切れても膝関節が機能的に安定している方がいます。彼らは、周囲のよく鍛えられた筋肉を使って、構造的な欠損を相殺することができます。
一方、「non-coper」と呼ばれる患者は、十字靭帯が切れてもこのような補償ができず、膝関節が機能的に不安定な状態になってしまいます。

十字靭帯断裂の診断

診断は、記載された症状や様々な身体検査に基づいて行われます。例えば、医師はいわゆるドロワーテストを行い、前十字靭帯と後十字靭帯のどちらに障害があるのかを判断します。
前十字靭帯が断裂していると、膝関節を曲げたときに脛骨をある程度前に引き出せるようになります。
後十字靭帯が断裂している場合は、脛骨を後ろに押し出すことができます。

その後、X線検査やMRI検査を行って診断を確定し、膝関節にこれ以上損傷がないことを確認します(MRT)。
まれに、純粋に診断のために関節鏡検査(膝関節の低侵襲検査)が行われることがあります。しかし一般的には、関節鏡検査は、切れた靭帯を交換するときなど、手術の際の補助的な手段として考えられています。

十字靭帯断裂の治療法

十字靭帯断裂の治療の目標は、痛みを和らげ、膝関節を安定させ、患者の機能的パフォーマンスを回復させることです。

治療法の選択は、損傷の重症度と患者の活動レベルによって異なります。運動量の少ない患者の後靭帯断裂の場合、膝関節を安定させるには、的を絞った筋力トレーニングだけで十分な場合があります。治療期間中は、特殊な膝装具を装着して膝関節を緩和し、安定化を図ることができます。

手術は、一般的に前十字靭帯断裂の治療として、また非常に運動能力の高い個人の場合に使用されます。十字靭帯の手術は、通常、損傷後約4~6週間後に行われます。そのため、膝頭と脛骨の間にある十字靭帯(膝蓋腱)を、ハムストリングスの腱(半腱様筋腱)、膝蓋腱人工インプラントで置き換えます。十字靭帯断裂の約60%では、半月板も損傷しており、十字靭帯再建手術の際に縫合されるのが一般的です。

手術後は、太腿(ふともも)の筋肉を増強するために、目的に応じた理学療法運動療法が行われます。術後6~12週間は、患部の膝に体重をかけることを制限する必要があります。この間は、特殊な膝サポーターを使用して、関節をさらにサポートすることができます。

こちらもおすすめ

ページトップへ