Loading...
アクセス

製品の選び方ガイド その⑨腰用サポーターについて

バウアーファインド社の製品は各関節や部位・用途にあわせて様々な製品を用意しています。

ここでは、お客様から問い合わせの多い製品の選び方についてお知らせしていきます。

第9回は「腰用サポーター」について

腰用のサポーターは3種類あります。
メディカルラインの「ルンボTrain」「ルンボTrainLady」とスポーツラインの「SPORTS BACK SUPPORT」です。

メディカルライン
ルンボTrain
メディカルライン
ルンボTrainLady
スポーツライン
SPORTS BACK SUPPORT

どのサポーターも単純なベルトタイプではなく、取り外して位置調整が可能なシリコーンパッドが付属しているのが大きな特徴です。このシリコーンパッドが腰椎・仙骨部の湾曲にピッタリとおさまる構造のため、身体にぴったりとフィットし、しっかりと腹圧をかけることで脊椎を支えることができるようになっています。

メディカルライン
ルンボTrain
メディカルライン
ルンボTrainLady
スポーツライン
SPORTS BACK SUPPORT

スポーツラインかメディカルラインか

メティカルラインとスポーツラインの用途の違いについては、製品の選び方ガイド①にて詳しく説明をしていますが、「より安定性や効果の高いものを求める場合や日常生活でのケアも求める場合」はメディカルラインを、「スポーツにのみ使用する場合や快適性・ファッション性を求める場合はスポーツライン」を使用することをご検討ください。

特に、SPORTS BACK SUPPORTは本体生地の編み目がほかのサポーターと比較して大きくできているため、通気性に優れていいます。ウォーターアクティビティにもオススメです。

またルンボTrain、ルンボTrainLadyと比較して軽量となっています。

SPORTS BACK SUPPORTの生地

ルンボTrainとルンボTrainLadyの違いについて

ルンボTrainとルンボTrainLadyの違いは大きくはその形状の違いです。サポーターを拡げた際の形状が、ルンボTrainが比較的ストレートな状態に対して、ルンボTrainLadyは円周状になっています。

これは男性と女性で骨盤の形状が違うため、それに対応するためです。
男性は仙骨の幅が狭く、垂直に長い形状になっていますが、女性の骨盤は楕円形で仙骨が短く、幅広な形状となっています。また、骨盤の位置も男性は高く、女性は低い位置にあり、肋骨との距離が離れていることでくびれができやすくなります。

ルンボTrainとルンボTrainLadyの違い

このようにウェストと臀部の周径に差がある体形の場合、ストレートな形状のルンボTrainではうまく体形にフィットしないため、ルンボTrainLadyはサポーター本体を円周状にすることで対応しています。

ルンボTrainとルンボTrainLadyについてはその名の通り男性用・女性用と単純に使いわけするのではなく、体形を基準にして選択する必要があります。

男性でもウェストと臀部の周径差の大きい方はルンボTrainLadyを、女性でも周径差が少ない方はルンボTrainを選択してください。

男性と女性の骨格の違いイメージ図

まとめ

  • スポーツ時のみに使用する場合や、通気性・快適性がよく軽くてファション性の良いものを着用したい場合はSPORTS BACK SUPPORTがオススメ
  • 日常時のケアからスポーツまで使用したい場合ではルンボTrainとルンボTrainLadyのうち、ウェストと臀部の周径差が少ない場合はルンボTrainが、周径差が大きい場合はルンボTrainLadyがオススメ

次回は肘用サポーターについて説明いたします。

こちらもおすすめ

ページトップへ