Loading...
アクセス

健康な静脈を維持するための、足の働きとケア方法

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

体内では様々なことが起こっています。動脈と静脈からなる高性能のネットワークが、24時間体制で血液をあらゆる場所に運んでいるのです。

動脈が心臓から遠ざかり、細胞に酸素と栄養を供給するのに対し、静脈は血液を戻す役割を担っています。静脈は細胞から老廃物を取り除き、酸素の少ない血液を心臓に向かって送り出すのです。

しかし、静脈系は一体どのように機能しているのでしょうか?
静脈の健康のために、いつから注意を払い、積極的に何をすべきなのかをご説明していきます。

静脈の働き

静脈は毎日、最大7,000リットルもの血液を心臓に向かって全身に送り出します。
特に足の静脈は重力と戦うために、心臓に向かう血流をコントロールする足腰の筋肉の助けを借りる必要があるのです。これらの筋肉はポンプのように機能するため静脈ポンプとも呼ばれたりしますが、運動中の緊張と弛緩の相互作用によって脚から心臓に向かって血液が押し出されるのです。

数センチ間隔で配置された静脈弁は、血液が心臓に向かってのみ移動するようにします。
これらの弁は血液が足に戻るのを防ぎます。

静脈系が直面する課題とは?

静脈の血管壁は非常に薄く、伸縮性があります。
ある種の危険因子が存在すると、静脈は病的に拡張します。つまり、静脈弁が完全に閉じなくなり、血液がうっ血するのです。

仕事などで座っている時間や立っている時間が長くなっている状態。つまり運動不足になると、筋肉、特にふくらはぎの筋肉ポンプが十分に活性化されなくなることを意味します。
静脈と静脈弁は力を失い、血液を心臓に戻すことがますます難しくなるのです。

輸送メカニズムが適切に機能しなくなると、結果としてうっ血、むくみ、組織への供給不足が生じます。

血管に負担をかけるものとは?

先に述べたような長時間の立ち仕事や座り仕事だけでなく、運動不足のほかにも静脈障害のリスクを高める要因があります。

肥満、糖分や脂肪分の多い食事、喫煙、過度の飲酒などです。締め付けの強い衣服や窮屈な靴も静脈の働きに影響を与えます。さらに、先天性の結合組織の弱さも静脈障害のリスクを高めます。

残念ながら、これらは実際に多くの人々に影響を与えているのです。

どのような場合に注意が必要ですか?

足や脚が重く感じたり、腫れたりすることが時々、あるいは頻繁にある場合は、医師と一緒に原因を見つけることが大切です。これは、小さなクモ状静脈や静脈瘤のような最初の視覚的徴候に気づいた場合にも当てはまります。

静脈が弱くなっていることにいち早く気づくことが、適切な対策を行うために重要です。静脈の問題を放置しておくと、すぐに慢性化し、さらなる合併症を引き起こす可能性があります。

静脈の健康を促進するものは?

静脈の健康のためにできることはたくさんあります。のんびりとアクティブな生活を楽しむために、静脈をケアする方法を見つけてください。

圧迫
医療用のコンプレッション製品は、弱った静脈やその他の静脈疾患の治療に欠かせないものです。

仕事中の健康
座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事が多いですか?それなら、静脈を和らげることが大切です。着圧といくつかの簡単なコツを使えば、仕事中の静脈の健康のために多くのことができます。

健康な静脈のための正しい食事
静脈の健康に関しては、運動や圧迫に加えて、適切な食事も重要な役割を果たします。健康的な食事は体、特に静脈にも良いのです。

静脈エクササイズ
簡単で効果的なエクササイズを行うことで、静脈ポンプを活性化し、他のことをしながら静脈を強化することができます。

飛行機や旅行
長時間のフライトや車や電車での移動中は、静脈にさらなる助けが必要です。コンプレッション製品と私たちのアドバイスで、快適な旅をお楽しみください。

こちらもおすすめ

ページトップへ