Loading...
アクセス

夏にピッタリ、足を健康にするための5つのヒント

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

私たちは毎日、足に対して高い要求をしていますが、足の健康状態がもたらす悪影響は過小評価されており、フットケアを怠っている人は多いのではないでしょうか。足首や膝だけでなく、背中や肩、首など、全身の機能を維持するためには、健康な足が欠かせません。

夏場や暑い季節には、足の健康のためにもアクティブに運動することが大切です。
この記事では、すべてのステップをできるだけ快適に行えるよう、5つの役立つヒントをまとめました。

ヒント1:夏の健康な足のためのエクササイズ

私たちの足は、骨、靭帯、筋肉で構成された複雑で奇跡のようなものですが、その絶妙な相互作用が損なわれると、すぐに足のトラブルとして現れます。

足の痛みは、位置のズレや片方だけの負担、筋力の低下などが原因となっていることが多いようです。しかし、適切なフットトレーニングを行うことで、足の筋肉を強くし、痛みを予防することができます。

さまざまなエクササイズのほか、筋膜ローラーやマッサージボールなどを使ったストレッチやセルフマッサージも適しています。そうすることで、ストレスが解消され、血行が促進され、緊張や短縮した筋肉が再びリラックスして本来の機能を発揮できるようになります。

ヒント2:定期的に裸足で歩く

足裏を鍛えるには、裸足で歩くことが効果的で、夏場は特におすすめです。

足の裏の神経細胞は、さまざまな路面を微妙に感じ取り、感覚運動機能を活性化させます。だから、海辺でも、庭でも、マンションでも、靴を履かずに歩くことは、私たちの足にとって本当に有益なのです。

靴を脱いで歩くことで、常に新しい刺激を与えることができ、足の筋肉を鍛えることができるのです。(1日に数回靴を履き替えるのも同様の効果が得られます。)

しかし、休暇中に足に過度の負担をかけないためにも、初日に数時間裸足で歩くのは避けた方がよいでしょう。足が新しい自由と負担に徐々に慣れるようにしましょう。そうすることで、筋肉痛を防ぐことができます。

ヒント3:足をリラックスさせることも忘れずに

緊張した夏の足には、定期的な休息を与えるなど、しっかりケアしてあげましょう。
例えば、長時間立ち仕事をした後や、スポーツをした後に足を上げて、血の巡りを良くしてあげましょう。また、足湯を楽しむのもよいでしょう。お湯の温度や様々な添加物によって、望ましい効果を得ることができます。

ヒント4:適切な靴の選択

靴を履かないという選択肢がない場合、靴が足を完璧にサポートし、同時に保護することが重要です。

夏の靴選びで重要なのは、「足を締め付けないこと」。
踵からつま先への自然な動きの中で、足が完全に広がるスペースが必要なのです。そのため、完璧なフィット感が必要なのです。足のアライメントが崩れているために整形外科の足底装具に頼っている人は、取り外し可能なインソールを備えたフラットシューズを選ぶのが理想です。その他に、通気性がよく、肌に優しい素材、衝撃吸収性に優れていることなども重要です。

夏場は開放的な靴を履くのが楽しいですよね。しかし、それは品質によって大きく異なります。 例えば「ビーチサンダル」は安価で、インソールがないため足を支えることができず、足を痛めるというイメージがあります。足のアライメントやその他の足のトラブル(糖尿病など)がある場合、従来のサンダルは絶対に避けなければなりません。

ヒント5:サンダルを履くなら人間工学に基づいたものを選ぼう

休暇中や旅行先で軽くてオープンな靴が手放せないなら、あなたの足とニーズに合わせて特別に作られたサンダルがおすすめです。

ErgoPad ID:Sandal※日本では未発売

既存のサンダルではホールド力がなく、足裏がソールから離れ、逆に足に負担がかかってしまったり、歩きづらさの原因になることも。偏平足や開張足などで足のアライメントが崩れている場合は、足の痛みにつながることがありますので適切なサンダルを履くようにしましょう。

こちらもおすすめ

ページトップへ