Loading...
アクセス

運動不足が及ぼす健康へのリスクとは?なぜ体を動かすことが重要なのか

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

仕事や休暇で身体を動かす時間は減っていませんか?運動不足が健康にとってどれほど危険であるかを認識している人は、ほとんどいないようです。そこでこの記事では、運動不足の原因と考えられる結果について説明します。また、なぜ体を動かすことが重要なのか、どうすれば体を動かすことができるのか、ぜひ参考にしてください。

なぜ、私たちは活動的でなくなっているのでしょうか?

世界保健機関(WHO)は、世界的に実施された調査の一環として、不活動は多くの人々のライフスタイルの根深い変化と結びついていることを明らかにしました。つまり、勤務時間だけでなく余暇時間も、ますます活動的でないことが特徴になっています。

デジタル化自動化の結果、手作業を行う労働者の数は減少し、オフィスワークの必要性が高まっています。その結果、より多くの人が座りっぱなしの職業に就いています。また、自宅で仕事をする人も増え、印刷所や社員食堂に行くことすら億劫になっています。

余暇の過ごし方もデジタル化の影響を受けています。
テレビやNetflixなどの人気は、余暇の不摂生に直結しており、ソファで過ごすことが一般的になってきているようです。さらに、インターネットやソーシャルメディアの人気が高まっていることも、身体的な不活発さを助長しています。

世界保健機関(WHO)は、座っている時間を減らし、代わりに軽~中程度の強度の活動を毎週少なくとも150~300分行うことを推奨しています。そうしないと、健康や福祉にさまざまなリスクが生じ、私たちの生活のあらゆる側面に影響を及ぼす可能性があります。

運動不足がもたらす健康への影響

運動不足が健康に及ぼす影響は深刻で、さまざまな形で現れます。
影響を受けた人は、例えば、以下のような傾向があります。

肥満:過剰な食事との組み合わせで、特に運動不足は病的に太りすぎ(肥満)になりやすいです。例えば、食後に散歩をしたり、定期的にトレーニングをして消化を促し、摂取カロリーのバランスを保つことで、これに対抗することができます。

2型糖尿病:「成人型糖尿病」とも呼ばれ、血糖値が慢性的に上昇する病気で、現在では若い患者さんにも多く見られるようになりました。運動や体を動かすことで筋肉が活性化し、インスリン値が正常に保たれるようになります。

心血管疾患:運動不足の人は、血管が詰まるリスクが高まります。その結果、高血圧、心臓発作、脳卒中が引き起こされる可能性があります。

パフォーマンスの低下:疲労や無気力として現れることが多いようです。運動不足による血行障害は、脳の活動を制限し、集中力や創造性の低下につながります。

心理的な影響:動揺したり、落ち込んだりすることは、運動不足とも関係があります。スポーツは、ストレスや緊張を和らげるための重要なはけ口となります。特に持久系のスポーツでは、ストレスを軽減するホルモンが分泌され、その結果、運動後にリラックスして良い気分になることができます。

感染症にかかりやすい:体を動かすとアドレナリンが分泌されます。このホルモンは、免疫防御のトレーニング効果を持つ刺激を活性化させる。このため、一般的な感染症や癌にかかるリスクが低くなります。

運動器の制限:運動不足で筋肉が衰えると、腰や股関節、膝などに痛みを感じることが多くなります。

変形性関節症:疲労や緊張で関節が痛くなったり、長時間座ったり寝たりしていると、軟骨がすり減ることがよくあります。このように、運動不足が直接の原因となって、変形性関節症が発症することがあります。

変形性関節症で広く見られる症状

変形性関節症は、最も頻繁に起こる関節の病気です。関節が痛くなり、動きが悪くなるなどの症状が現れます。特に、指、膝、股関節は日常生活で最も負担のかかる部位であるため、変形性関節症が発見されることが多いようです。しかし、どの関節にも発症する可能性があります。

変形性関節症は非常に広く、年齢が上がるにつれて、変形性関節症になる可能性が高くなります。ドイツでは65歳以降、女性の約半数、男性の約3分の1が罹患すると言われています。また、関節に過度の負担や不適切な機械的ストレスがかかると、変形性関節症の発症を誘発し、進行させることがあります。ロバート・コッホ研究所(RKI)は、この症状がさらに一般的になると予想しています。

変形性関節症の場合、運動が不可欠な理由

変形性関節症になると、関節の軟骨が過剰に磨り減ります。その結果、痛みや動きの制限、最悪の場合、硬直が生じます。

軟骨は、骨の衝撃を吸収し、関節がスムーズに動くようにする役割を担っています。しかし、この機能を最適に発揮するためには、弾力性としなやかさを維持する必要があります。そのために必要なのが滑液、つまり「関節潤滑液」です。滑液は軟骨に必要な栄養素と潤滑油を与え、軟骨の状態を保つために必要なものです。しかし、軟骨組織には緊張と緩和の組み合わせが必要なため、滑液は運動時にしか入りません。これは、必要な栄養素を軟骨に送り込み、老廃物を排出する唯一の方法です。その結果、十分な運動がなければ、軟骨に十分な関節潤滑油が供給されなくなります。その結果、軟骨は多孔質でざらざらした状態になり、継続的な摩耗に見舞われ、その保護機能を果たせなくなります。

変形性関節症の場合、積極的に活動しよう

変形性関節症は元には戻らないとはいえ、関節の摩耗を減速させる方法はあります。変形性関節症に対抗するための行動をまとめました。

変形性関節症の兆候がない方は
日常生活でより積極的に行動することをお勧めします。これは、変形性関節症のリスクを下げるだけでなく、心身ともに健康であることを積極的に保証するものです。運動不足が引き起こす可能性のある長いリストを見れば、活動的であることがいかに重要であるかがわかるでしょう。

よく関節の痛みに悩まされますか?

朝、出かけるときに関節の痛みや痛みを感じることはありませんか?変形性関節症の対策には、早期の診断が重要ですのでまずは医師の診察を受けてください。

すでに変形性関節症と診断されていますか?

変形性関節症と診断されている方は、運動不足を解消し、定期的に活動することが特に重要です。理学療法や関節に優しいスポーツについての理解を深めましょう。BAUERFEINDのサポーターや装具は、理想的なサポートを提供します。

こちらもおすすめ

ページトップへ