Loading...
アクセス

膝関節水腫 – その原因と代表的な症状とは?

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

膝を曲げたり伸ばしたりしたときの膝の痛み

膝が腫れて異常に動かなくなったり、膝を曲げたり伸ばしたりする時に痛くなりませんか?その場合、膝関節包に液体が溜まっている可能性があります。その原因は、膝関節水腫かもしれません。靭帯の断裂や膝蓋骨の脱臼など、膝関節の損傷が原因で起こることが多いです。しかし、膝が腫れている原因が他にある場合もあります。早期に適切な治療と膝の緩和を開始すれば、急性膝関節水腫は完治します。

膝関節水腫とは、どのようなもので、どのような原因があるのでしょうか?

膝の関節包イメージ図

膝関節水腫は、主に膝の関節包が侵されます。関節包は2層構造になっており、すべての膝関節面を包んでいます。外側の層は、膝関節と脳などからの刺激を伝える役割を担っていますが、内側の層は、膝関節に栄養を供給する滑液を作り、衝撃吸収材のような働きをしています。

膝関節水腫が起こると、膝関節包に貯留する液の量が著しく増加します。これは、過剰な滑液、血液、または膿です。医師は、急性膝関節水腫と慢性膝関節水腫を区別します。

  • 急性感染症は、手術や開放性外傷の後など、細菌やウイルスによって引き起こされる。
  • 慢性炎症の場合は、過度の負担による関節付近や関節内の構造物の損傷や怪我が原因となります。
  • 外傷性の原因がなく慢性的な炎症が起こっている場合は、自己免疫疾患が根本的な原因である可能性があります。これは、滑膜関節の空洞を覆っている滑膜が刺激され、その後、滑液が多く発生するものです。

高齢者では、リウマチ性疾患や変形性関節症が膝関節水腫の原因であることが多いようです。これは、関節の退行性摩耗によって膝関節の機能が損なわれ、その結果、炎症が繰り返されるからです。

膝関節水腫の症状

関節水腫の最初の兆候は、膝の激しい腫れです。同時に、可動性が著しく制限されます。膝の中の液体が大きな圧力となり、膝頭の後ろに痛みを感じることが多くなります。また、膝が赤くなり、熱く感じる場合は、膝に炎症が起きている可能性があります。

数日経っても腫れが引かない場合は、医師に相談することをお勧めします。特に細菌感染による浸出液の場合は、早く対処することが大切です。放置しておくと、関節に後遺症が残る可能性があります。

関節水腫の診断

膝関節水腫の診断には、膝蓋骨タップテスト(別名「ダンシングパテラ」サイン)が代表的な方法です。このテストでは、医師が膝蓋骨に下向きの圧力をかけます。その後、膝頭が跳ね返れば、膝頭が関節液の上を泳いでいることになる。これで、膝関節水腫の確実な診断ができます。

別の検査法では、膝頭の上の滑液包の中の液体を移動させ、その中に入っている関節包を叩いたり撫でたりします。関節液が溜まっていると、膝関節の外側に少し膨らみが見えるようになります。

その他、超音波、X線、コンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴画像(MRI)などの画像技術による診断も行われます。

関節水腫:その減少を効果的にサポートする方法

関節液が溜まって膝が腫れている場合、膝を上げても効果は限定的です。過度な負担は避けるべきですが、できるだけ早く体を動かすことが重要です。そのために役立つのが、ゲニュTrainサポーターです。膝が腫れているときにも装着できます。

ゲニュTrainは負荷を軽減し、代謝プロセスを刺激するため、関節液浸出を軽減することができます。このサポートは、関節からの圧力を周辺組織に分散させるパッドを備えています。動作中は、ニット生地が断続的に圧迫を行います。これにより、腫脹が減少し、固有受容覚が改善され、身体自身の安定化プロセスが刺激されます。

こちらもおすすめ

ページトップへ