Loading...
アクセス

膝関節が不安定に感じる方へ、その原因と代表的な症状とは?

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

膝が不安定に感じる時とは?

膝が今にも折れそうなほど不安定な感覚は、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。特に階段を上るときに膝が痛くなることがあります。このような症状は、最初は驚かれるかもしれませんが、実は最も一般的な関節の問題の一つです。いつもの膝の安定感がなくなり、なんとなく膝がグラグラするような感じがする場合、膝関節の不安定性が原因である可能性が高いです。このような場合は、サポーターや装具を使った治療をお勧めします。安定性が増し、歩行時の安心感が得られます。

膝関節が不安定な場合、どうすればよいのでしょうか?

膝関節は人体の中で最も大きな関節であり、毎日大きな負荷がかかっています。膝の安定性を確保するために、十字靭帯や側副靭帯、そして関節を支える筋肉があります。さらに、大きなカプセルが膝全体を包んでいます。これらの構造がすべて、被膜靭帯複合体を構成しています。この複合体が損傷すると、どの部位であっても動作のコントロールができなくなります。膝が痛く、不安定になり、そして折れてしまうかもしれません。

膝が不安定になる原因

膝と十字靭帯・側副靭帯のイメージ図

十字靭帯や側副靭帯が過度に伸びたり傷ついたりすることで、膝が不安定になるケースは少なくありません。

靭帯の損傷は運動中に起こることが多いのですが、先天性あるいは後天的に筋肉や靭帯が弱くなった場合も膝が不安定になることがあります。

また、半月板が損傷すると膝関節の軌道がすぐに狂ってしまいます。半月板は膝が健康なとき、大腿部から下腿部へ荷重が安全に伝わるようにする働きがあります。半月板が傷つくと、その役割を果たせなくなるのです。

階段の上り下りに痛みを感じる場合は、関節軟骨の摩耗による変形性膝関節症が原因です。また、滑液包の炎症(滑液包炎)が痛みの引き金になっている場合もあります。

このように、膝の不安定性にはさまざまな原因があります。医師は一般的に、膝の不安定性を3つのタイプに区別しています。

  1. 単純性膝関節不安定症:例えば内側側副靭帯のような、膝の構造のうちの1つだけが影響を受けている場合です。
  2. 複合型:十字靭帯、側副靭帯、膝関節包、半月板など、複数の構造が同時に障害されている場合です。
  3. 慢性的な膝関節の不安定性:症状が何年も続いている場合です。

しかし、一般的には、怪我や衰えによって影響を受けた靭帯が多いほど、膝関節が不安定になる可能性が高くなると言われています。

代表的な症状:膝関節の不安定症の見分け方

『自分の体の声を聞け』という言葉は、膝にも大いに当てはまります。膝関節不安定症の初期には、歩行時の漠然とした不安感があり、過度な負担がかかると膝に痛みが出ることが多いようです。そして、やがて不安定感や炎症が生じ、膝が抜けてしまうのです。膝の不安定さに気づかず治療をしてしまうと、長期的には関節軟骨の慢性的な摩耗(変形性膝関節症)を引き起こし、もはや回復不可能な状態になってしまいます。

膝関節の不安定性を診断する

膝に異常を感じたら、必ず整形外科などの医師に相談してください。医師は「ドロワーテスト」という方法で、十字靭帯の機能をチェックします。この検査では、膝の角度を90度にして仰向けに寝ます。医師は曲げた膝を両手で囲み、下肢を前方に引っ張ったり、後方に押したりします。健康な膝よりも下肢が太もも側に移動しやすい場合、ドロワーテストは陽性と判定されます。次に、側副靭帯を調べるために、変位・変位ストレステストがあります。反力作用で膝が少し開くようであれば、側副靭帯が損傷している証拠です。

膝関節の不安定性と診断された場合は、X線や磁気共鳴画像装置(MRI)などの画像技術を使った関節固有の検査が追加されます。また、骨盤の位置を調べ、脚の長さを比較することもあります。

膝関節不安定症の治療法

治療法は、症状の程度によって異なります。ほとんどの場合、膝関節不安定症は保存的に、つまり手術をせずに治療することができます。捻挫のように靭帯を損傷している場合は、主に膝を治す時間が必要で、緩和することが必要です。単純な膝の不安定性の場合は、通常、理学療法と筋力向上が推奨されます。安定化する膝サポーターは、そのサポートを行います。

被膜靭帯複合体の損傷がひどく、体がそれを補うことができない場合は、手術が必要になることもあります。

膝関節が不安定な場合のサポーター – 保護と緩和

ゲニュTrainの膝サポーターは、日常生活や運動時に膝に過度な負担をかけないようにするためのものです。保存療法や膝関節の手術後、慢性的に膝関節が不安定な場合にも有効です。膝関節を安定させ、可動域を広げることで、膝関節をしっかりと支え、関節にかかる負荷を軽減することができます。

こちらもおすすめ

ページトップへ