Loading...
アクセス

腱鞘炎・手首の痛みの原因と治療方法は?

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

足首や手首に痛みや灼熱感を感じたら、腱鞘炎と診断されることが多いようです。
痛みは通常、運動中や労作中に生じますが、慢性的な場合は安静時にも痛むことがあります。
腱鞘炎は主に手や手首に起こります。しかし、足の場合も腱や腱鞘に炎症が起こることがあります。腱鞘炎の場合、何が起こるのか、どのような治療が推奨されるのか、スプリントやリストサポーターがどのように役立つのかをご紹介します。

腱鞘炎とはいったい何なのでしょうか?

腱鞘炎箇所のイメージ図

体内の筋肉と骨は腱でつながっています。腱の役割は、筋力を伝達し、可動性と安定性を確保することです。腱は、腱鞘(けんしょう)と呼ばれる結合組織で囲まれています。

腱鞘には腱が骨の突起を横切っている場合など腱を摩耗や過度の負担から保護するために液体が入っています。しかし、長期間にわたって過度の負担がかかると、腱鞘に炎症が起こり、腱鞘炎と診断されることがあります。

腱鞘炎の原因とは?

過度の負担がかかると、腱そのものが炎症を起こすことがありますが、多くの場合、影響を受けるのはより繊細な腱鞘の方です。骨と腱の間の緩衝材として、多くのことに耐えなくてはなりません。繰り返しの動作を休みなく頻繁に行うと、腱鞘に過度の負担がかかり、炎症を起こすことがあります。

まれに、細菌が原因で炎症が起こることもあります。ギターの演奏、テニスなどのスポーツ、長時間のキーボード入力、人間工学的に不利な設計のオフィスワーク、組み立て作業での反復的な手の動きなど、仕事でもプライベートでも、手首に大きな負担がかかる動作は数多くありますが、ほとんどの場合、日常生活が原因で手の腱鞘炎になります。

腱鞘炎の典型的な症状と診断方法

手や手首の腱鞘炎は、まず、握ったり動かしたりするときの痛みとして現れます。腫れや発赤、圧迫感も少なくありません。場合によっては、何かがおかしいと感じることもあり、痛みは擦れるような音やカリカリという音を伴います。

どの腱鞘がどの程度侵されているかによって、手や指の一本一本がいつものように動かせなくなる可能性があります。そのため、組織が厚くなり、可動性が制限されることがあります。例えば、トリガーフィンガー(ばね指)の場合です。指の太くなった屈筋腱が靭帯に引っかかってしまい、強い力が加わったときだけ動き続けることになります。

このような症状がある場合は、たとえ痛みや不具合が短時間であったとしても、医師に相談することが重要です。腱鞘炎を放置すると慢性化し、手首を休ませても痛みが残るようになります。さらに、治療が長引くことになります。

診断のためには、医師の診察と身体検査で典型的な症状を説明すれば十分です。他の原因が疑われる場合は、レントゲンや超音波などの画像診断や、血液検査で細菌感染の有無を確認します。

腱鞘炎の治療方法

ほとんどの場合、腱鞘炎は手術なしで治療できます。

炎症を起こしている腱鞘にさらなる刺激や負担をかけないようにするために、安静が第一です。しかし、手は常に使っているものですから、意識的に手首を固定することが大切です。

そのため最初は医師からスプリントや装具、サポーター、テープ包帯などが処方されます。まずは炎症を起こしている組織を回復させることで、腫れを軽減します。しかし、腱と腱鞘がくっつく可能性があるため、完全な固定はあまり長く続けるべきではありません。

手の腫れがひどい場合は、クリームや錠剤などの抗炎症薬だけではなく、冷却装置や電気療法を使用して、腫れた組織の縮小を促進することもできます。

固定の後は通常、手、手首、前腕の筋力、協調性と可動性を訓練するための理学療法が続きます。

保存的治療が期待に反して効果的でない場合、外科的治療が最後の手段として残ります。
この手術では、外科医は腱鞘を締め付けている肥厚した組織を取り除き、円形の手首靭帯を縦に割って腱に制限のない可動性を回復させます。
ほとんどの場合、手術は局所麻酔で外来治療として行うことができます。この手術方法は、慢性的な腱鞘炎の場合にのみ、最後の手段として使用されるべきものです。

腱鞘炎の場合、手首のサポーターはどのように役立つのでしょうか?

腱鞘炎の場合、固定と緩和が治療の最も重要なポイントになります。
マニュTrain」のような手首用サポーターは、日常生活を制限することなく、手首に必要な休息を与えることができるようになります。

マニュTrain」は、軽量で通気性の良いニット生地と、手首を快適なニュートラルポジションに固定するストラップシステムで構成されています。これにより、手首の曲げ伸ばしの際に腱鞘に負担がかかるのを防ぎます。

同時に、このサポーターは快適な装着感で、締め付けず、通気性の良い素材のおかげで不快な湿気が発生せず、熱くなりすぎるのを防ぎます。理学療法中やシャワーを浴びるとき、夜間など、都合に合わせて無理なくサポーターを着脱することができます。

手首におすすめのサポーター「マニュTrain」

親指側、小指側両方のシリコーンパッドが圧力を均等化し、手首周辺部を安定させることができます。付属のステーとベルトで固定度合いを3段階に調整することが可能です。

マニュTrainについて製品ページを見る
https://bauerfeind.p-supply.co.jp/product/p05_wrist/

こちらもおすすめ

ページトップへ