Loading...
アクセス

背中の張り・腰の筋肉に痛みがあるときに必要な対策とサポーター

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

背中の筋肉が緊張すると、腰椎のあたりが痛くなります。
この痛みは、ゆっくりと進行することもあれば、腰痛症のように突然襲ってくることも。また、この症状は高齢者だけが発症するわけではありません。座り仕事による姿勢の悪さ、運動不足、ストレスの増加などにより、腰の緊張は若い世代や子供にも多く見られるようになりました。

背中の張り・腰痛の原因

筋肉への間違った負担、運動不足、一方的なストレス、姿勢の悪さ、マグネシウム不足などが背中の緊張を誘発します。また、座り仕事が多い人、アスリート、太り気味の人などが影響を受けることが多いようです。

体幹や背中の筋肉が弱かったり間違った使い方をすると、痛み、筋肉の硬化、動きの制限といった不快な結果を招きます。背中の緊張が治療されない場合、影響を受けた人は保護的な姿勢をとるようになります。その結果、不定愁訴が悪化し長期的には腱の短縮につながる可能性がありますので、背中に張りを感じた最初の兆候から対処することをお勧めします。

背中の張りが顕著になる症状とは

緊張状態では、筋肉や筋肉群は無理なく収縮します。この収縮が長く続くと、筋肉や筋群が硬くなります。緊張は、体のさまざまな部位で起こります。

背中の筋肉に影響がある場合、主に腰の引きつれ痛に悩まされます。この痛みはゆっくりと進行し、動作や圧力によって増加します。緊張は、筋肉の結節や膨らみのような肥厚の形で触知することができます。背筋の緊張が長く続くと、筋肉が短縮してきます。その結果、動きが制限されたり、姿勢が崩れたりします。

急性腰痛症とは
急性腰痛症は腰痛症とも呼ばれ、特殊な症例です。これは、運動制限を伴う突然の激しい痛みが特徴です。

こんな兆候があれば医師に相談を

背中からお尻や足にかけて痛みがある場合は、椎間板ヘルニア坐骨神経の炎症が考えられます。この場合は、医師に相談する必要があります。事故後の腰痛やリウマチ、骨粗鬆症などの基礎疾患がある場合は、必ず医師の診断を受ける必要があります。

また、痛みが異常に強い場合、足のしびれや麻痺がある場合、発熱や尿漏れなどの原因不明の随伴症状がある場合も、すぐに医師へ相談してみてください。

背中の緊張を和らげる治療法は?

背中の緊張がある場合、筋肉をリラックスさせ、痛みを和らげることを目的とした治療を行います。

  • 腰椎の痛みや急性腰痛症(腰痛症)の治療には、理学療法、局所温熱療法、鎮痛消炎剤などが用いられます。
  • 背筋の緊張の原因がマグネシウム不足である場合は、医師と相談しながらマグネシウム製剤を大量に服用することが推奨されます。
  • 自律訓練法、ヤコブセンによる漸進的筋弛緩法、ヨガなどのリラックス法が推奨されます。

急性腰痛症は上記のような対策と短期間の安静で軽快することが多いため、治療はできるだけ早く始めるべきです。そうしないと、いわゆる痛みのスパイラルが進行してしまいます。痛みがあると体をかばうような姿勢になり、ストレスがたまり、それが緊張につながります。長期的には、慢性的に痛みが続くペインメモリーを発症する可能性があります。

サポーターや装具で痛み対策と予防を

ターゲットを絞ったトレーニングは体幹と背中の筋肉を鍛え、強化します。
また、身体運動や余分な体重の減少、悪い姿勢や間違った治療の回避は、腰椎の領域における背中の新たな緊張を防ぐことができます。
さらに、治療をサポートするために医療用バックサポーターや装具が活用されています。背中の新たな緊張を打ち消すためにさまざまな種類のサポーターや装具が使用されています。

腰椎を安定させるサポーター「ルンボTrain」

背中に張りのある患者は、円形の圧力を使ったマッサージ、いわゆるフリクションマッサージがとても心地よいと感じています。
ルンボTrainのようなアクティブサポートは、三角形の摩擦パッドがあります。これが、動くたびに腰椎のあたりで背中を適度な圧力を加えることで緊張がほぐれ、負荷を軽減します。ルンボTrainは通気性と伸縮性のある素材でできているため、装着感も快適です。

ルンボTrainについて製品ページを見る
https://bauerfeind.p-supply.co.jp/product/p04_lamber_train/

こちらもおすすめ

ページトップへ