Loading...
アクセス

膝のねじれ(膝関節の複合損傷)– ひざの痛みにサポーターでケア

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

Unhappy triad(アンハッピー トライアド):不幸の三徴候」

これは、膝関節の別々の損傷が連鎖して起こる膝の怪我のことで、内側側副靭帯半月板(関節の軟骨)、十字靭帯の3つの損傷です。

この3つの傷害は、膝をひねったときに起こることが多く、特にスキーヤーがスキー板をひっかけたときに起こることが多いようです。

アンハッピー トライアドの治療は難しいもので、それぞれの傷害の重症度など、いくつかの要因によって正確な治療方針が決まります。まずは、膝関節にかかる負担を軽減するために、膝を安定させる膝関節装具サポーターを使用しましょう。

Unhappy triad(アンハッピー トライアド):不幸の三徴候になる原因

不幸なトライアドの膝の解剖図. 「Unhappy Triad」とは「不幸なトライアド(三人組)」のような意味で、この膝の怪我もそうです。膝関節の不幸な怪我の連鎖です。内靭帯、半月板(関節の軟骨片)、十字靭帯が損傷しています。複合損傷は通常、膝がねじれたときに発生します。
内靭帯、半月板(関節の軟骨片)、十字靭帯の損傷(イメージ図)

事故やある種の運動によって、膝関節に複合的な傷害が発生することがよくあります。

アンハッピー トライアドは、以下のような怪我から構成されています。

  1. 前十字靭帯(ACL)断裂
  2. 内側側副靭帯の断裂(MCL)の損傷
  3. 内側半月板の損傷

この傷害は通常、膝を少し曲げた状態、脚がノックニーをした状態、下腿を動かさないまま膝が外側に回転した状態(バルガス・ストレス)で起こります。

スキーヤーやサッカー、ハンドボールなどの球技をする選手がこのような怪我をするのは、このような不幸な組み合わせが通常ではありえないからです。また、武道家も試合中に不幸の三徴候に見舞われることが多いようです。

アンハッピートライアドの症状

スキーであれ、サッカーであれ、チャレンジングな運動活動は、ほとんどの人が思っている以上に膝を早く捻じ曲げる原因になります。

時には、靭帯が切れる「ポキッ」という大きな音が聞こえます。その後、事態は急速に進行します。膝が大きく腫れ上がり、非常に痛くなり、痛みや腫れのために足を曲げたり伸ばしたりすることができなくなることも。また、立ったり歩いたりするときに、膝が曲がってしまうことも多いようです。

このように、膝に負担がかかって捻じれることをギブウェイ現象といいます。一般に打撲傷が発生しますが、これは受傷後数日経ってから発生することがあります。

膝の捻転が起きたらどうする?
アンハッピートライアド(不幸の三徴候)が疑われる場合は、すぐに膝を高くして冷やす必要があります。暫定的な処置として、膝関節を伸展位で固定し、体重の負担は絶対に避けなければなりません。

アンハッピートライアドの診断

診断を行うために、整形外科医やスポーツドクターは、最初に怪我がどのように発生したかの正確な状況説明を求めます。
その回答に基づいて、アンハッピートライアドを考慮するかどうかを決定します。

次に、膝関節の構造を評価するために、身体検査が行われます。靭帯、半月板、軟骨の状態を評価するために磁気共鳴画像装置(MRI)が使用されることもあります。

アンハッピートライアドの治療方法

サポーターを装着し、理学療法士による治療中の写真

アンハッピートライアドは、特定の1つの構造だけでなく、膝関節のいくつかの構造に影響を与える複合的な損傷であるため、治療するにも困難なものです。

内側靭帯損傷の多くは、薬物療法、理学療法、医療用サポーターや膝装具、標的筋の強化などを用いて保存的に(つまり手術をせずに)うまく治療することができます。

しかし、十字靭帯や半月板の断裂は、一般的に自然治癒は望めません。状況によっては、手術とその後のリハビリテーションが必要となります。

半月板損傷の場合、治療方針は損傷の程度によって異なります。
半月板断裂の重症度と部位に応じて、保存的治療手段か外科的治療手段のいずれかが用いられますが、アンハッピートライアドの手術では、断裂した十字靭帯を縫合または置換し、半月板の断裂部分は切除されます。

アンハッピートライアドの手術の多くは、関節鏡を使って行われます。
これは、小さな皮膚切開で済むため、感染のリスクが低く、手術の傷が治るまでの時間も短縮されます。手術後は、膝関節の安定と緩和のための理学療法や装具の使用からなる再生段階を経ることが強く推奨されています。装具は膝関節の保護と緩和を行い、また体重の負担を徐々に増やすことができます。

アンハッピートライアドがもたらす合併症

構造的な不安定性に加えて機能的な不安定性があり、筋力強化運動で補えない場合は、一般に手術が必要です。そうでなければ、長期的には変形性膝関節症になる可能性があります。

手術をしなければ、軟骨は過度の負担にさらされ、摩耗してしまいます。軟骨がなくなると、骨と骨がこすれ合い、痛みが生じ、さらに磨耗が進みます。

膝関節の不安定性は、個々の損傷が軽微であれば、しばらくは気づかないかもしれません。
整形外科医が保存的な治療を行うことにした場合、数週間後に膝関節の安定性を再検査することは理にかなっています。

サポーターの役割

膝に痛みがある、腫れている、不安定であるといった場合、サポーターは重要な役割を果たします。

BAUERFEINDのアクティブサポーター「ゲニュTrain」は、膝蓋骨を包む機能的なクッションを特別に開発しました。

一体型の「半月板ウィング」が膝関節腔を圧迫し、関節包を刺激することで、半月板周辺の負荷を軽減させます。

こちらもおすすめ

ページトップへ