Loading...
アクセス

静脈性浮腫とは?原因や症状、解消法について解説

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

暑い日や長時間の立ち仕事の後、デスクワークで長時間座った後などに、多くの成人に血管の弱さの最初の兆候が現れます。

足首の腫れは、足に水が溜まっていることを示す紛れもない兆候です。最初はわずかなむくみかもしれませんが、治療しなければ本格的な問題に発展する可能性があります。静脈の弱さが強まり、浮腫、より正確には静脈性浮腫を引き起こします。炎症や傷口など、長期にわたる深刻な影響が生じる可能性があるため、できるだけ早い段階で対策を講じる必要があります。

うっ血性浮腫

一般に「水」と呼ばれるものは、血液やリンパによって除去されるように設計された組織液です。静脈輸送が損なわれた場合、つまり心臓が静脈で除去できる量を超える血液を足に送り出すと、リンパ液が蓄積します。足首や下肢が腫れ始めるのはこの時期です。

血液が足に溜まり、静脈が広がり静脈弁が適切に閉じることができなくなります。その結果、血液が逆流することで静脈がさらに膨らむこともあります。特に下腿の静脈血管がこの影響を受けます。この状態はうっ血性浮腫または静脈性浮腫と呼ばれます。

静脈弁のイメージ図

しかし、なぜ一部の人は静脈輸送障害に悩まされ、他の人はそうでないのでしょうか?
原因は主に先天的素因に基づいているという指摘が数多くあります。静脈血管周囲の結合組織の硬さや弁の機能は人によって構成が異なるため、一部の人では他の人よりも早く静脈が衰弱してしまいます。さらに、運動不足や肥満も危険因子です。

静脈系の役割

あらゆる場所で酸素と栄養素は必要です。広範な循環系が四肢の最も遠い部位まで血液を運び、酸素の少ない血液は静脈血管を通って心臓に送り返されます。

血液がつま先に供給されるまでの道のりは長く、心臓の鼓動と重力のおかげで、つま先までの道のりは問題ありません。しかし、その逆は簡単ではないのです。循環系は一種のプッシュ・プル効果を生み出しますが、重力に打ち勝たなければならないのです。
これを助けるのが静脈弁で、血液が逆流しないようにするものです。脚の筋肉が静脈の動きをサポートしない場合に特に重要で、長時間の座りっぱなしや立ちっぱなしによって「足に水がたまる」原因となることが多いのはこのためです。

静脈性浮腫の最初の兆候と重大な結果

暑いときや立ったり座ったりすることが多いときに、最初は軽いむくみが生じます。足が重く感じられ、皮膚が突っ張って、指で皮膚を押すとへこみができることがあります。単純な挙上により痛みが軽減され、腫れが軽減されます。しかし、問題が定期的に現れる場合、静脈は緊張の下で変化し、最初はクモの巣状静脈が形成され、後に静脈瘤が形成されます。治療せずに放置すると、これらの変化した血管は健康へのリスクを増大させます。

  • 血栓症のリスクの増加
  • 下肢領域の皮膚の変化や組織の継続的な腫れによる感染症のリスク
  • 浮腫により皮膚への栄養供給が不十分になると、小さな傷であっても塞がらなくなり、静脈性下腿潰瘍を引き起こす可能性があります。

弱い静脈はどうすればいいですか?

CVI(慢性静脈不全)としても知られる静脈脆弱症は、無視したり放置したりせず、真剣に対処しなければならない疾患です。一般開業医に加え、静脈障害の専門医(静脈専門医)は、静脈排出障害の重症度に応じて使用されるさまざまな治療法について包括的な説明を受けることができるパートナーです。

主な治療方法は以下の通りですが、この選択肢は簡単に組み合わせることができます。

  • 圧迫療法:外部圧力によって筋肉と皮膚の間の自然なポンプ作用をサポートします。
  • 理学療法/運動:脚に的を絞った運動を伴う定期的なスポーツ活動により、筋肉ポンプが活性化され強化されます。
  • 手術:状態が進行した場合、損傷した静脈または静脈瘤を除去します。
  • :静脈の外部および内部を強化するための植物ベースの製品

薬物療法は付随する症状を軽減し、圧迫療法の効果をサポートします。運動を加えることも効果を高めます。

こちらもおすすめ

ページトップへ