Loading...
アクセス

東江 雄斗 選手 – アスリート紹介

プロフィール

1993年7月6日
沖縄県出身
ジークスター東京所属

父が元実業団のハンドボール選手、母が体育大学出身で国体出場経験のあるハンドボール選手という家庭環境でハンドボールを始める。
2016年1月20日に日本ハンドボールリーグの大同特殊鋼へ加入。6月に第23回世界学生選手権の日本代表U-24に選出。8月の第6回社会人選手権では最優秀新人賞を獲得。
2016-17年シーズンは得点王(120点)、最優秀選手賞、ベストセブン賞を受賞
2017年には世界選手権の日本代表に選出。
2020東京オリンピックハンドボール男子日本代表『彗星JAPAN』に選出

日本ハンドボールリーグ
最優秀選手賞:1回 (2016年)
殊勲選手賞:1回 (2016年)
ベストセブン賞:2回 (2016年・2017年)
得点王:1回 (2016年)
フィールド得点賞:1回 (2017年)

使用製品

製品の感想

僕は長年半月板の痛みと付き合っていましたが、バウアーファインドのサポーターと出会ってから痛みも軽減されパフォーマンスも安定しました。
膝や足首のサポーター等は可動域を制限させるイメージがあったので良い印象はなかったが、バウアーファインド製品は着用時のストレスも感じることなくフィット感も良く、怪我の予防と同時にパフォーマンスの向上を両立させてくれます。

こちらもおすすめ

ページトップへ