Loading...
アクセス

肩によく起こる症状や傷害とは?肩関節を理解して肩の痛みの根本を解決しよう

本記事はBAUERFEINDメーカーサイトからの転用で日本語訳にしたものです。原文はこちらからご確認いただけます。

肩関節は、人体で最も可動性の高いボールアンドソケット型の関節です。
腕の位置の複雑さを考慮したこの関節の働きは、運動システムの中でも独特なのです。この特別な能力は、関節が主に筋肉によって固定されていることに基づいています。

肩の靭帯はあまり顕著ではありません。肩は他の関節に比べて可動性が高い反面、摩耗や怪我をしやすくなっています。そのため、肩の健康を確保することは、自由で活動的な生活を送るために不可欠であり、特に重要です。ここでは、肩の解剖学的構造、肩に起こりやすい症状や怪我について学び、肩の痛みの原因を特定しましょう。

肩のアナトミー(解剖学的構造)

肩関節はいくつかの関節から構成され、相互に作用して高い可動性を実現しています。

主肩関節は、上腕骨と肩甲骨の一部である関節窩をつないでいます。ボール状の関節の相手方である上腕骨の骨頭が乗っている部分は、上腕骨に比べて非常に小さいです。これにより、上腕骨頭がかろうじて包まれているため、腕の3つの面で包括的な動きが可能になっています。

肩関節は、主に腱板(けんばん)で固定されています。腱板は筋肉と腱で構成され、関節をさまざまな方法で回転させることができます。一方、靭帯は筋肉ほど可動性が高くないため、関節の靭帯はあまり顕著ではありません。

肩鎖関節は、肩甲骨の一番高いところと鎖骨をつなぐ関節で、鎖骨の1回の回転運動で、主肩関節のすべての動きを支えています。

胸鎖関節は、肩甲帯と胴体をつないでいます。

肩甲胸郭関節は結合組織の層からなり、腕を90°以上に持ち上げたときに肩甲骨が傾き、運動できるようにします。

肩峰関節は、腱板と肩峰の間に滑走層を形成し、上腕骨頭を挟んで肩甲骨がスムーズに動くようにします。関節内の大きな滑液包は、体の硬い部分と柔らかい部分の間の緩衝材のような役割を担っています。

肩の痛みの原因を探る

肩の痛みにはさまざまな原因があります。特に肩関節は複雑なため、特に痛みが起こりやすいと言われています。そのため、診断と治療は、患者さんがどのような痛みを感じているのかという疑問から始めなければなりません。

  • 急性の肩の痛みは、突然起こるもので、転倒や事故が原因であることが多い。
  • 慢性的な肩の痛みは、長い時間をかけて発症します。最初は気づかないうちに、どんどん進行していくことが多い。

慢性的な肩こりの原因は、間違った姿勢や過度の負担、運動不足などが挙げられます。
この場合、肩関節を健康で痛みのない状態に保つためには、過度な肩の負担を避けることが特に重要です。肩に負担をかけるようなスポーツや、頭を使うような作業は、避けるか、少なくとも制限すべき行為です。

肩の痛みで医師に相談すべき場合
以下の3つのサインに当てはまる場合は、医師(理想は整形外科の専門医)に肩を見てもらい、痛みを改善する必要があります。

  • 突然の激しい痛み
  • 肩に負担がかかっていなくても痛い
  • 肩の可動性が制限されている

よくある肩のケガや症状

医師は肩の痛みの原因を特定するのを手伝い、症状に応じて一緒に治療計画を立てます。最も一般的な肩の怪我と状態は次のとおりです。

肩の脱臼

肩の脱臼は非常によく起こります。後ほど、この症状についての詳しい情報を提供したいと思います。

インピンジメント症候群

インピンジメント症候群の場合、上腕骨と肩甲骨の間に腱板の一部が挟まっている状態です。その結果、この部分の筋肉と滑液包が刺激され、炎症が起こり、空間が狭くなるため痛みが増します。一般的な兆候として、安静時にも痛みが発生します。さらに、患部はほとんど腕が上がらないこともあります。

変形性肩関節症(へんけいせいかたかんせつしょう)

変形性肩関節症は、肩と上腕骨頭の間の関節の摩耗に基づくものです。朝、起きようとすると痛みがあり、腕を横に動かしたり、回したりする動作に問題が出てくるのは、変形性肩関節症の典型的な症状です。変形性肩関節症の治療の目標は、痛みを和らげ、手術を遅らせながら関節機能をできるだけ長く維持することです。

腱板断裂(けんばんだんれつ)

腱板破裂の場合、筋肉や腱が全体的または部分的に分離しています。原因はさまざまで、スポーツ中の事故や転倒で肩に大きな力がかかったことが原因となることもあります。
一方、特に高齢者の場合、腱や筋肉の過去の損傷によって断裂が起こることもあります。この場合、日常のちょっとした動作でも断裂を起こすことがあります。痛みは通常、疼くような、または突き刺すような痛みと表現され、手や首に至るまで放射状に広がることがあります。

肩の脱臼はどうして起こるのでしょうか?

原則的には、どの関節も脱臼する可能性があります。しかし、肩関節はその解剖学的構造から、特に脱臼しやすい関節です。

肩関節の脱臼は通常、ぎこちない動作が原因ですが、転倒や事故などの外力が加わることでも起こります。上腕骨頭をソケットから外すには、下方向に強い衝撃を与えるだけでも十分です。さらに、関節の解剖学的な特徴や、被膜靭帯、筋力の低下などが、脱臼を容易にすることもあります。

上腕骨頭と関節窩の接触が完全に失われると、この状態を「完全脱臼」と呼びます。一部だけ接触が失われた場合は、「部分脱臼」と呼ばれます。この区別は、今後の治療プロセスにおいて重要です。

肩の脱臼が問題になる理由

脱臼した肩は、訓練を受けた人なら簡単に元の位置に戻すことができます。しかし、実際には、このプロセスは非常に複雑です。なぜなら、間違った位置に戻すことで起こりうる関連した傷害が、治癒を著しく妨げるからです。

例えば、戻す際に肩に大きな力がかかると、上腕骨頭が関節から押し出され、骨でできた関節窩の一部が肩甲骨から折れてしまうことがあります。また、力が加わった結果、上腕骨頭が骨折してしまうこともあります。そのため、骨に異常がないかどうかを確認するために、X線検査が欠かせません。このような場合、通常、肩は手術で治療する必要があります。

肩の位置を戻すには、必ず適切な訓練を受けた医師に依頼してください

上腕骨頭と関節窩の正確な適合を回復させる処置は、その後の損傷を防ぐために非常に重要です。この部分の関節面に段差が生じると、時間の経過とともに、機械的な摩擦によって関節の損傷や破壊、すなわち変形性関節症につながる可能性があります。

このような関連骨折の場合、関節面をできるだけ効果的に回復させることが重要です。また、靭帯や関節包、筋肉などの損傷も、まずは治すことが先決です。そのためには、通常、肩関節をしばらく完全に固定する必要があります。

肩関節の解剖学的構造は別の問題を引き起こします。肩関節の下側、つまり上腕骨と肩甲骨の接続部分には、結合組織からなる袋があります(腋窩凹部)。これは基本的に伸縮性のある折り目で、腕を頭の上に持ち上げることができるようになっています。例えば、骨の欠けを治すために、肩関節を長期間固定した場合、このひだが縮み、凝集して、再び動きの自由が制限されることがあります(最悪の場合、永久的に制限されることもあります)。しかし、骨折が適切に治癒するために、このような小さなリスクは冒すべきです。

 その後、凹部を解放し、最終的に肩の完全な可動域を回復させるために、フォローアップケアとして理学療法が推奨されます。このような治療には数週間かかりますが、通常、満足のいく結果が得られます。

肩を脱臼した場合の治療方法とは?

手術が必要かどうかにかかわらず、急性期の治療では肩の固定が中心となります。固定化の際には3つのステップが重要です。

  1. 肩関節を包む筋肉のカフをしっかりと誘導し、脱臼を再発させないように訓練する
  2. 脱臼を再発させるような動作を避ける
  3. 肩関節の可動性を維持または回復させる

治療の基本は、まず安定化、次に可動化です!
制限された可動域を広げるのは、肩関節が十分に回復して、脱臼の再発を防げるようになってからがよいでしょう

手術や肩の脱臼などの怪我をした場合、まず関節を完全に休ませることが必要です。

痛みや炎症を和らげるために、冷たいもの(クールパック、クラッシュアイス)を使用することもあります。理学療法では、どのような動作を避けるべきか、どのような筋肉を鍛えるべきかを学びます。これにより、将来的な脱臼を防ぎ、肩関節を安定させることができます。

肩におすすめのサポーター「オモTrain」

一般医療機器取得済みのコンプレッションサポーター。

腰部にまわしたベルトがサポーターを固定し、特に関節の稼動範囲が大きい、肩関節を正しいポジションに保つとともに、ズレを抑えます。たすき掛けにすることで、肩を中央に配置し、負担を軽減します。

オモTrainについて製品ページを見る
https://bauerfeind.p-supply.co.jp/product/p06_shoulder/

こちらもおすすめ

ページトップへ